軽井沢町でのカビ・湿気対策

水捨て不要!自動運転によって室内の除湿をしてカビの発生を抑える。

廃盤となってしまった「DAIKIN製ルームドライヤー」が新製品「カライエ」として復活・新発売

弊社のホームページ内の「軽井沢の標高と気温と湿度」からわかるように、軽井沢町は非常に湿度の高い町となります。軽井沢町では多くの住宅・別荘・保養所で「水捨て不要、湿度の高い時期だけのオート運転」という高機能な除湿・換気専用機である「ダイキン製ルームドラーヤー」が数多く設置、取り付けされてきました。湿度の高い軽井沢ではこの製品の使用は非常に効果的であり、不在の時期が長くなる別荘でも「水捨てが不要でオート運転」という手軽さとその機能で建物内部の換気・通気など室内保護やカビ発生の予防(湿度60%以下必須)の役割を果たしてきました。

 

2005年に発売された「ダイキン ルームドライヤー」は数年前に廃盤となり、廃盤後に「ダイキン ルームドライヤー」を新規で設置したいお客様には、なんとか中古品を探し出して取り付けをしたり、事情をご説明して一般的な除湿機(水捨て必要型)をおすすめするなど苦労することもありましたが、「ダイキン ルームドライヤー」が新たに「ダイキン カラリエ」となり2019年2月に新発売されました。

 

このページでは新旧の機能や性能を比較してみたいと思います。

ダイキン ルームドライヤ(廃盤)
ダイキン ルームドライヤ(廃盤)
ダイキン カライエ 2019年2月新発売
ダイキン カライエ 2019年2月新発売

製品名 ダイキン ルームドライヤー ダイキン カライエ
方式 デシカント除湿・換気  デシカント方式
適応床面積 8~14畳 記載なし
排出水分量 10L/1日 10L/1日
運転音 最大43dB/最小28dB 40dB(ターボ運転時)
使用温度範囲 ー10~40℃ ー10~40℃
消費電力 20~400W 3~320W
スマートフォン遠隔監視機能 × ○(2019年秋予定)
本体寸法 高さ229×幅437×奥行き190mm 高さ229×幅437×奥行き190mm
運転モード

 

自動運転

 湿気の多いとき(60%)だけ自動で除湿。

 

パワフル運転

 1日10Lの最大除湿運転。

 

換気運転

 微風換気

自動運転

 湿度目標約60%維持で運転

 

ひかえめ運転

 湿度・温度に応じて運転

 

パワフル運転

 湿度目標約50%維持で運転

 

ターボ

 最大除湿運転

1日の電気代

約40円(365日運転換算 約14,600円)

約40円以下になると予測

表を見て比較するとさすが最新型!と言ったところでしょうか。高機能であった除湿方式はそのままで、「ダイキン カライエ」は運転音が静かになっていますね。そして何より24時間運転を視野に入れた場合の消費電力が小さくなっています。年間365日運転でも旧機種の年間約14,600円よりもリーズナブルな運用ができるでしょう。

 

「ダイキン カライエ」はIoTに対応してくるのでしょうか、2019年後半には別機器を取り付けることでスマートフォンから監視することがでるようです。

 

大きさは全く同じですが、「ダイキン カライエ」はデザインが非常にシンプルになり、つやのあるホワイトになったことで、どんなお部屋にもマッチするでしょう。弊社でも「ダイキン ルームドライヤ」が故障してしまい交換を考えていたお客様や、新規で取り付けたいお客様におすすめしていこうと思います。


有限会社石黒建設工業ではダイキン製カライエ

 

本体価格:59,910円(税込み)※弊社取り付けが前提です。平成元年10月消費税率改定

 

と2019年10月時点で国内インターネット価格比較サイト最安値と同等額でご提供したします。

 

(取り付け費用は工事費として別途)

 

お気軽にお問い合わせください。